解体工事の費用を削減する方法~ガレキ選別作業の効率アップ~

廃油のリサイクル

工場

工場や工事現場では多くの産業廃棄物が発生します。その中でも廃油の処理には多くの手間暇がかかってしまいます。廃油は瓦礫などとは違って液体なので、自社で処理するとなるととても難しいのが実情です。そのため、廃油は産業廃棄物処理業者に依頼して回収してもらうのが一般的です。

現在メインエネルギーとして幅広い分野で使用されている石油資源は、近い将来枯渇すると言われており、世界的な問題となっています。国内でも限られた石油資源を有効に利用するために、廃油などに関しても専門業者に回収してもらい、リサイクルすることが推奨されています。

では、実際に廃油処理のフローを確認しておきましょう。処理を行なう際には、まず専門業者に廃油収集を依頼します。委託された業者は廃油のサンプルを分析し、処理やリサイクルが可能かどうか判断します。分析した結果、処理可能であれば契約を結び、工場や工事現場に貯蔵された廃油を回収、運搬し処理リサイクル工場にて廃油処理が行なわれます。業者によって使用する処理機器の種類は異なりますが、振動ふるい機や遠心分離機などを利用するのが一般的です。また廃油処理やリサイクルには3つの流れがあり、潤滑油再生、再生重油化、補助燃料化に分けることが出来ます。目的に応じて廃油処理の方法を選択することが可能なのです。中でも潤滑油再生は廃油の劣化成分や混合物を除去した後に、クライアントの元にリソースすることが可能です。