解体工事の費用を削減する方法~ガレキ選別作業の効率アップ~

瓦礫選別費用の削減

解体工事

建物を取り壊す作業のことを総称して解体作業と言います。この解体作業を行なうと多くの産業廃棄物が発生してしまいます。従来まではミンチ解体と言って、産業廃棄物の分別を考えない解体工法が主流でした。ですが平成14年に施工された建設リサイクル法によってミンチ解体は禁止され分解解体が義務付けられたのです。分解解体や瓦礫選別を行なわずに産業廃棄物の処理を依頼すると、高額な費用が発生してしまいます。ですが、この瓦礫選別作業には思いの外、手間暇がかります。そのため瓦礫選別作業時に発生する人件費や諸経費は馬鹿にならないのです。

環境破壊を防ぐために瓦礫選別を行なう解体業者では人件費の削減や1台の重機を複数の現場で使用するためにスケジュールを立てるなど、数多くの企業努力を行なっています。しかし企業努力を重ねている業者がある一方で、中には瓦礫選別を行なわずに不法投棄をする悪徳業者の数も増えています。解体業者の産業廃棄物の不法投棄は、違反した業者だけでなく依頼者にも大きな迷惑を与えることになります。このように解体作業には瓦礫選別の効率化はマストになります。瓦礫選別費用を下げられるかどうかが、優良解体業者として生き残るためにはとても重要なポイントになるのです。

瓦礫選別作業の効率化を考えたときに、まず行なうべきなのが瓦礫選別機器の導入です。瓦礫選別を人の手で行なうのには限度があります。そのためトロンメルやロールスクリーンといった専用の機会を活用することで、選別作業に必要な時間や費用を大幅にカットすることが可能になります。特に多角型ディスクが回転するロールスクリーンは瓦礫処理を均一に行なうことが出来ます。またダブルディスク構造が用いられているため、目詰まりトラブルも起きにくく、一度に大量の処理を行なうことが出来ます。現場に必要な性能を搭載している選別機械を選び作業の効率化を目指しましょう。