解体工事の費用を削減する方法~ガレキ選別作業の効率アップ~

瓦礫選別費用の削減

解体工事

法改正に伴い解体作業がミンチ解体から分解解体に変わったことで、解体業者への負担はかなり増えました。瓦礫選別作業の効率化を進めることが優良業者として生き残るポイントになります。

もっと見る

業者選びのポイント

工事現場

産業廃棄物処理業者は国内に多くいるため、処理業務を委託する業者選びは大変です。処理業者選びで失敗しないためにもいくつかのポイントを事前にチェックしておきましょう。

もっと見る

廃油のリサイクル

工場

工場や工事現場で発生する産業廃棄物の中でもその処理が大変なものが廃油です。自社で廃油処理するのが難しい場合は専門の処理業者に依頼して回収、処理してもらいましょう。

もっと見る

ガレキ選別機器の導入

作業員

解体工事を行なえば多くのガレキが発生します。解体工事で発生するガレキは一般廃棄物とは違い、産業廃棄物という種類に分けられます。産業廃棄物は産業廃棄物処理法に則って産廃処理業者に処理を依頼しなくてはなりません。ただ建物を解体しているかのように見えてしまう解体工事ですが、実際にはガレキ選別を考慮して手間と時間をかけて作業を行なっているのです。このように丁寧なガレキ選別作業が求められる解体工事には、多くの人件費がかかります。また、他にも解体するために必要な書類作成費用、重機を利用した場合はその燃料費、工事で発生する粉塵や騒音を防ぐ養生シートの費用など、多くの費用がかかります。このように解体工事には多額の費用がかかってしまうため、ガレキ選別にかかる工程や費用の削減は非常に重要になるのです。

解体工事におけるガレキ選別の効率化を図るなら、専用の選別機器の導入を検討してみると良いかもしれません。中でもトロンメルやスクリーンと呼ばれる選別機を使用すれば効率よく選別作業を行なうことが出来ます。トロンメルは円回転式のため、ガレキ以外の振るい分けにも対応することが可能です。トロンメルの種類としては中型機種、大型機種とあるので工事現場の大きさに合わせて最適なものを選ぶことが出来ます。またスクリーンの種類を2種類にしておけば、トロンメルを2台設置する必要が無くなるため、コンパクトなライン設計が可能になります。解体工事の費用削減を行なうならライン一式の購入も視野に入れて考えてみるといいでしょう。